新人ガールズグループITZY、おそろしい子!

ITZYと書いて「イッジ」と読むらしい。全員10代だって。デビュー時にこんなに完成度が高くて、ステージングにも余裕があって、スタイルも良くて、垢ぬけてて。時代は変わるものねー。

どこよりもずっと海外市場を強く意識してきたJYPが、韓国人だけのグループにしたっていうのも、なんか気になる。

 


뮤직뱅크 Music Bank - 달라달라(DALLA DALLA) - ITZY(있지).20190215

ドラマ『グッドワイフ』を米韓日で見比べているところ

最近、韓国ドラマでハマっているものはないのだけれど、前に観た『グッドワイフ』が面白かったので、1月から始まった日本のリメイクも視聴。

そしたら、どうしても米国の原作が気になって、飛ばしながらも見始めちゃって。そんなわけで最近は結構忙しい(仕事も忙しい)。

三つ見比べると、登場人物やストーリーに三国の社会、政治、法律、文化の違いがハッキリ浮き出てきてかなり面白い。そこで比較ポイントを知り合いに説明してみたところ、「面白そうだけど、三つ観るほど時間がない」と。そりゃそうだよね(苦笑)。

私も時間はないけれど、地味に見比べ、続けてみます。

シティポップが流行りって知らなかったけど

2019年、あけました。おめでとうございます。今年もマイペースに隣国のエンタメを眺めていきたいと思います。

さて、去年の終わりに面白いなと思った記事を一つ貼り付け。

なんとなく最近、K-POPサウンドが変わってきたなーと思っていて。ダンスごり押しが減って、ひと昔前の日本の歌謡曲かポップスっぽい感じの曲が出てきていて、とくにMAMAMOOの「Wind Flower」が出たときに顕著だなと思ったんだけど、この記事を読んで納得でした。

世界的にシティポップが流行っていることは知らなかったけど、相変わらずK-POPは世界のトレンドをつかむのが速いね。

bunshun.jp

ドラマ「ビューティー・インサイド」が終わっちゃった

韓国のドラマはポツポツと観ていて、今年は「無法弁護士」にハマった後はしばらく面白そうなの(=ハマれるの)がなかったんだけど、昨日終わった「ビューティーインサイド」は良かった!

監督が「オ・ヘヨン」の演出も手掛けたソン・ヒョンウク、脚本は、私がかなりのめり込んだ「太陽の末裔」や「トッケビ」の脚本家キム・ウンスクのアシスタントだった、イム・メアリ。この組み合わせだけでもすごく楽しみなところに、ヒロインはソ・ヒョンジン。そして結果は期待を裏切らない、見ごたえあるドラマでした。

ソ・ヒョンジンちゃんはやっぱりロマコメ強いなー。脚本と演出のテンポの良さをきちんと表現できて、超美人というわけではないけれど華がある女優。

チャンスがあれば、日本語字幕でもう1回観たいなと思います。

 

 

とりあずEXOくんたちの新しいアルバムはいい!

オン(仕事)が忙しすぎて、言葉(思考)をまとめる暇がなくて、東方神起のコンサートに行ってきた感想も書きたいんだけどまた今度にすることにして、これだけは書き残して置こうと思いまして。

ファンの間では“微妙”という反応も多いみたいだけど、EXOくんたちのカムバ曲「Tempo」、ワタシはとても好きです。

ヒップホップダンスジャンルの曲ということだけど、すごいオシャレなR&Bだと思うな。リズムのつくり方がカッコいいし、曲の構成も共作なのに取ってつけ感がなくて飽きさせないし、ボーカルとラップののせ方が洒落てるし。

そして振付はRIEHATA。彼女のリズムを活かしたダイナミックな振りが曲にもEXOくんたちにもあってる。

EXOくんたちのはいつもはそんなにチェックしていないんだけど、カムバ曲が良かったので、アルバムも一通り聴いてみたけど、すごくいい。収録曲のなかでは、最近流行りのラテンっぽさを入れた「Ooh La La La」が好き。


EXO 엑소 'Tempo' MV

 

秋になると聞きたいポール・キム

最近はあれこれ聴く暇がなくてたくさんは知らないけれど、韓国のインディーズシーンも面白いなと思っていて、それは才能あるR&Bのシンガーソングライターがいるから。

そのひとりがポール・キム。私が最初に知った曲は「Rain()」だったけど、どの曲もいい。

切なくて、でもじめじめしていなくて、ボーカルが抑制されていて、秋の空気のようにからっとしているのがとても私好み。

今日は朝からずっと「Stranger」を聞いているところ。作詞はポールで、作曲はDonnie J。

 

youtu.be

 

ポールは1988年生まれ。立命館アジア太平洋大学国際経営学部に留学していたこともあるんだって。

マルチカメラのボツ映像を公開する意味って?

tv.naver.com

韓国の歌番組でよくやっているマルチカメラの映像公開って、まあ放送で写らない動きも見られて面白いんだけど、この『SHOW CHAMPION』に出たときのSHINHWAのお兄さんたちのときの3カメのカメラマンが下手すぎてかなり笑える。

どこを映したいのか、被写体行方不明の時間が多すぎて、こんなのまで公開する意味がわかんない。謎だわ~。